2009/04/29

久しぶりに

ピザ屋で食べる出来立ては美味いっすね一皿でお腹いっぱいになります

外食も気分転換に良いですね


2009/04/28

雨と傘といえば・・・

朝からずーっと雨が降っております…
変な天気です。
が、思ったよりも鼻水の症状は治まっている…
雨のおかげか…
今日は、時間があるのでミラノにでも行ってみようと思い(電車の時刻表などをチェックし…)、家を出ましたが…
電車の時刻表は確認してあったのに、駅までのバスの時刻表チェック忘れてた…
バスの時刻表は、部屋にも貼ってあるのだけど、これは
「チーム倉庫行きのバス」のものだったのです。
しかも、正反対…
結構駅まで遠回りするので時間がかかるのと、1時間に数本しかないので…
調べた電車にも間に合うわけもなく…
ミラノ行きは、断念…


しかしながら、雨のPiacenzaを満喫してきました。
ま、いい気晴らしになったかな?

少し強くなった雨に傘を差しながら、松崎しげるの「ワンダフルモーメント」を口笛で吹きながら帰ってまいりました。
「噂の刑事トミーとマツのエンディングが懐かしい…」
自分の好きなドラマのひとつだなぁ…
でも、池中玄太80㌔がベストかなぁ~?

2009/04/27

いろんな疲労感

完全に花粉症の症状になっております。
同居する、宮沢、井上選手にも迷惑をかけています。
(うるさいクシャミで…)

今回のレースでは、また違うチーム内での働きを要求されました。
こんな事慣れれば、何てことないのでしょうが…
実際、この作業をフランス語やドイツ語で他のマッサーは行なえます。
日本なら、自分にも出来るか・・・ということは、やっぱり言葉の壁か…
まだまだ道は険しいです。

しかしながら、今回の初日、二日目のホテルの従業員さんは、緊張して部屋割りやら、食事、ベッドのシーツ、タオルなどのチーム側からの要求をする自分の事を気持ちよく受け入れてくれ、しかも、顔を合わせるたびに「マサ!万事うまくいってる??」と声をかけてくれます。
有り難かったな…

で、他のホテルでは…
そうもいかないんだなこれが…
すべてのホテルがそうとは限らない…
だから、良い対応のホテルのときは、仕事がしやすいんです。

今回はじめてのスタッフもいましたが…
実際、働いてみてその人物のキャラクターは分かるものです。
私が観察していたように、自分の仕事も見られているのは分かってます。
いちスタッフとして、しっかりと認識されるように頑張るだけ…

arbeiten!!

2009/04/26

帰宅しました。


今回のレースは、ホテル先回り班で活動しました。
部屋割りから、食事の時間、マッサーの必要なタオルやシーツの交渉など…
これもまた、勉強になることが多かったです。
山のレースのため、完全に鼻と喉をやられてしまった…

疲れたので今日はこの辺で…



2009/04/25

只今オーストリア

ドイツ語ですねぇ〜
またまた目の前の山は雪が残ってる
吐く息も白いし…
何だか今はどの季節で…自分は今、どこにいるのか分からなくなってくる…
明日でレースは終了…

2009/04/23

1日目終了

今日は素晴らしい天気…
初日の今日はタイムトライアル…
途中まではリーダージャージに手がかかってましたが残念ながら、4位…
しかしアンダー26ジャージは獲得しました
選手はそれぞれまずまずの滑り出しです
これからの三日間は全て厳しい上りゴールのステージとなります
今回はまたいつもと違うスタッフ構成ですが、仕事内容は同じ…
しっかり働いて、チームの歯車のひとつになるよう頑張ります

2009/04/21

Giro del TRENTINO

ガルダ湖の近くTORBOLEという街に着いています
雨ですねぇ〜
山々も尖ってます
キツイレースが始まります

2009/04/20

毎度の事…片付け&準備

Giro del Trentinoにいってきます。
4日間のレースですので、集中して行きます。
今日は、朝からチームの倉庫に行き、レースの後片付け&準備…
遠征の期間、レース数、選手の数(8人が基本ですけどね)、季節などを考慮に入れどれくらい必要か?前回では何が足りなかったか?など話しながら積み込みします。



写真は、倉庫の一部…左から使い捨てのコップ、皿、スプーン、フォークやらいろいろ…
サンドイッチに使う、きのこやら玉ねぎの瓶詰め、ビスケット類、トイレットペーパー、キッチンペーパー、砂糖などなど…
要は、生活に必要な物が並んでます。
他にも、ゴミ袋やらジュース類、水、ボトル、ジャム、蜂蜜、ヌテラなど…
すべて箱買い…


そして、ミラノへちょっと諸事情で行ってきました。
ミラノは…
都会…
信号多いし…
渋滞してるし…
まるで、東京ですね。
都会の匂いがしましたよ。
メキシコシティーもそうだったなぁ~。

今日も一日中雨…
何だか頭が重い…

前回の一緒に行ったスタッフに日本語での「仲間同士の簡単な挨拶教えて」と言われ…
「おい~っす!」(いかりやちょーさん風に…自分は思いっきり8時だよ全員集合世代ですから)と教えていたのですですが…
今日、倉庫であったら早速、「マサ!おい~っす!!」と…あちらから挨拶され…
何だか、イイ感じですね。

2009/04/19

いいニュース

今日のレースGP Nobili RubinetterieBoleが勝った…
チームとしても今期1勝目です。
もうすでに何勝もしているチームもあるでしょうが…
彼は、今回のオランダ、ベルギー、フランス遠征にも同行していましたが、最終日のフランスのレースでは落車でのリタイアでしたので…翌日、移動してのレースですから、「無理しなければいいけど…」とマッサー同士で話していたところでした…

春先からコンスタントに成績を残している若い選手です。
残念ながら勝利の瞬間には、立ち会っていませんが、やはりチームにとっても勝利というのは、いいニュースです。


右の写真は、オランダでの3位入賞時…
前に座っている二人は、商品である電子レンジの箱に座ってます…木靴がかわいらしいですね。

2009/04/18

マッサーの仕事のひとつ


今回のオランダ、ベルギー、フランス遠征の写真です。
補給地点の名称は、国によって様々ですが、これなら見失うわけはないね…

 
最終日のフランスのレース…
ドーピングコントロールが…
4位、6位、8位だって…
集団ゴールですぐに着順わかるはずもない…
ゴール地点では、マッサー同士で「おいおい…どうやって、監督と選手にコントロール対象か?教えるんだよ!!」と、ワイワイガヤガヤ…
フィニッシュした選手に、「お前コントロールだから小便するなよ!」とか、チーム監督に「うちの選手は対象になってない!」とか、情報を送るのもゴール待機のマッサーの仕事なんですが…

まぁ、シャペロンがいるから、彼らの責任のもと対象選手を確保するんですけど…
ゴール後は、すぐに右に曲がり道も狭く…とっとと、選手はチームバスやらキャンピングカーの方に戻っていきます…

大体、ゴールした選手との会話は…
「うちのエースの着順は?」や「バスはどこ??」や「ドーピングコントロール俺は対象なの??」
って感じなのです。
今回の会話は…「対象選手はが4位、6位、8位だから分かんない…」
当然のごとく、シャペロンも対象となる選手を確保できずに右往左往してましたけど…
自分は、コントロール対象でないと思っておしっこしてしまった選手が、その後、シャペロンがやってきて「お前対象選手…」となったら、どんだけチームスタッフは待たされることになるんだろ??
恐ろしい…
このレースのコントロール…どうなったんだろ??

フランスのレースでは、有り得るな話なんでしょうか??

一生懸命を見て…


先程、モンテビアンコのトンネルをくぐりぬけ、拠点に到着しました。
ちょうど、中野マッサーとはレースが行き違いです…
この道ですれ違ったりしてぇ~…
とは思いましたが、残念ながらお目にかかれず…
未だ、イタリアではご一緒していません。

今回は1週間の遠征ですが、あっという間でした…

チームバスに群がるポストカードを求める自転車ファン達…
正直言って、怖いくらいでした。
ポストカードやらボトル、サコッシュ、キャップ、グローブまで…
くれくれ言われますが…
ポイポイあげる訳にはいきません。
声をかけるタイミングの良かった人だけ、ゲットできたりしてぇ~。
コレクターが多いのは、分かりますが、凄いですよほんと…

レース前に「ボラーチェちょうだい!!」と言われ、「ごめん今は無理…」と返事をした後に、「そりゃそうだよね~。ごめんごめん」と言うタイプと、「何でくれないんだよこの野郎!!」という目つきで睨んでくるタイプ…
はっきり言って、断るのも仕事になってました。
ファンが群がるので、必ず自転車と車を監視する必要がありますし…


前回のベルギー遠征で食事からなんでもすべてが良かったホテルに今回、知り合いのマッサーの居るチームが泊まっているそうですが…
「デカクて厚いステーキ、昨日2枚食っちゃった…」と…
ダイエットしないとねぇ~。と話が盛り上がりました。

今回、一人メカニックのお手伝いとして、若者が来ていたのですが、礼儀正しく…
何に対しても、「グラッツェミーレ!」と…返事。
何だか、気持ちが良かったなぁ~。
今回で、レースに同行するのは2回目だそうですが、彼の出来る事…つまり、洗車、洗車、洗車…
一生懸命やってたなぁ~。
文句も言ってなかった。
真剣に他のスタッフの働きぶりを目で追ってたなぁ~。
こうやって、一人前になっていくんだなぁ~。

俺も頑張ろう!
バスの中の写真は、今の所NGということで…
中は、綺麗に整頓され、毎レースごとに散らかされますが、いつも同じものが同じところに!まとまっています。
夕食後は、スタッフの溜まり場なんかにもなったりします。
チャンスがあれば…

2009/04/16

現在、フランスです

今日は25℃近くまで気温があがり、春のベルギーとは思えない位の陽気でした。
しかし…
レース後フランスに向かう時には強風&豪雨…
とっととベルギーから去れ!!と怒られているかの様にフランスに逃げてきました…
幸いレースに影響なかったのが良かった…
前回の遠征で毎回見たコレクターが今日もいました…執念を感じましたよ

今日はゴール前の落車にカダムロとリビエラが巻き込まれてしまいました…
食事の際の元気さからして明日のレースは問題なさそう…
大きな怪我にならなくて良かった…
ホテルのネット料金が高すぎてバカらしいので…
連日、携帯の無料通話分で更新してます…
明日で今回のオランダ、ベルギー、フランス遠征は終了します
しっかり働くぞ!!

2009/04/15

スタート地点

美しいアントワープの広場がスタート地点…
ポストカードを求めるファンがバスに詰めかける…
怖いくらいですね
今日はいい天気になってます
日本人観光客もたくさんいますね…

明日はScheldeprijs

さてさて今日は早朝にオランダを出発し、ベルギーのアントワープのちょい北に来ています
今朝の移動…
距離は問題ないけど霧の中の運転と渋滞で何だかんだいって簡単ではなかった…幸い今回の遠征は天気に悩まされてはいません
今日なんて暑いくらい…
さすがに寒さ対策としてジャケットやら長袖は持ってきたけど、短パンは用意しなかったなぁ〜
とかいって、明日急に冷え込んだりしてぇ〜…

2009/04/14

ポディウム…



今日のレースでBoleが3位入賞…
明日はベルギー方面に南下します
といっても250キロ移動…近いね



泊まっているホテルでサーモンのマリネが出るのですが旨い…
私はサーモン大好きなんです

2009/04/13

雨…

明日はAlbert Achterhes Profonde van Drenthe
夕食後スタッフ皆でチームバスでMotoGP見よう!!って事になったのに…
スタート直前の豪雨で順延だって…
皆、「なぁ〜んだよ!!」と言いながら部屋に戻りました
明日はスタートが12時過ぎなのでゆっくりです
女子のワールドカップも同時開催です
同じホテルに3チームも泊まってます…

2009/04/12

贅沢な景色とスピード感覚

無事にオランダのホテル到着…
今回はスイス、ドイツのルートを利用しました。
天候に恵まれまだ雪の残る山々を眺めながらスイスを通過しました。
そして…さすがドイツの高速は速度標識無いのね…
追い抜かれ車線を140キロ巡行しててもビュンビュン抜かされまくりました
120キロ規制のところでは渋滞するけどそこさえ抜ければ、スイスイ流れます

それにしてもヨーロッパの春は良いですな
綺麗な空と草原の緑だけで贅沢な気分になります
明日の午前中に明後日のレースの準備は終わらせます
車の中でどの様に今回の仕事をコーディネートするか話し合えたし…
しっかり働きます

2009/04/11

昨日の出来事


昨日は、外での撮影以外にも室内でも…
我々の使う倉庫のお隣の倉庫には、ヘリコプターが置いてあります。
これもチームカーと一緒に撮影…
BONTEMPI はとても大きな体格ですが、上からの撮影という事で高い所に上っております…
置いてあったカートをふざけて運転しようとするMARTINELLI …
最初は「練習をヘリで追っかけるんだ!!」と言われ…
「うぇ~!マジで!!すげぇ~!!」と驚きましたが、どうやら…
嘘の様子…
そりゃそうか…
こうして、いつもホントなのか?冗談なのか?に悩まされる毎日…

13日 Albert Achterhes Profronde van Drenthe  NED
15日 Scheldeprijs  BEL 
16日 GP de Denain Porte du Hainaut  FRA

3連戦です。
前回と比べ、あっという間に終わる気がする…
一日一日を大切にします。
今回のマッサーは前回とまた違う構成ですが、スタッフ構成によって雰囲気も違うんですよね。一緒に同行するマッサーに「今回マサと一緒かよ!参ったなぁ~…」とならない様に、働かないと!!

Arbeiten!!
※日本人選手の宮沢選手、井上選手ですが、登録上の問題でレースに参戦出来ていない状態です。
自転車界には有り得る話ではあります。
がしかし、彼らは強い意思を持ってイタリアに渡っております。
理不尽な事が多いのは、同居している身としても悔しい事です。
私自身何も出来る事はありませんが、一日でも早く一緒に勝負できるようになって欲しいと願っております。

2009/04/10

今日は準備の日

次の遠征は、オランダ・ベルギー・フランスの3連戦…
普段、レース出発の前々日にチームの倉庫にレースを担当するマッサー、メカニックが集まりそれぞれの準備を行います。
今日の朝、何とかFABBRI が家まで迎えに来てくれたのですが、カーナビの使い方がいまいち分からなかった様で…
「piacenzaの街をナビに任せたら、とんでもない所に行きやがった!!」と…
彼が使い方をいまいち把握してないだけなのでしょうが…
住所も教えてあったのに…
車のなかでカーナビに向かって色んな言葉を連発してました。
自分は大爆笑です。

今日は、天気もよくチームカーを集めての撮影をしていました。

今日は風もなく…20℃近くまで気温も上がり、作業もジャケットを脱いで行なうくらい…
撮影前に殆どの車を洗ったから、そりゃ汗もかきますね。    




今日のランチタイムは、パスタです…
食べるときは食べる!
働くときは働く!
実にシンプル…

今回は、チームのバスを遠征に使います。
私は初めてなので、何がどこに入れてあるのか?
中のシステムはどうなっているのか??
把握するのがちょっと大変でした。
ただ、カンペルよりも中は広い…
当たり前か…


2009/04/07

イタリア語…まだまだ

今後のレーススケジュールについての相談をFABBRI Fabrizioと先ほど電話でしたのですが…
ベルギー遠征で「少し会話が以前よりスムーズになってきたな!」とスタッフの仲間達に褒められたばかりだったのに…
お互いの話が飛びまくってこんがらがって…
少し見えかけた、イタリア語のステップアップは未だ停滞って事になりました…残念。
結局、木曜にチーム事務所に集合という事を何度も何度も確認して、最後にお互い笑いながら電話を切りました。
要は、話が飛びまくっていたので、「マサ!お前ワイン飲んでんだろぉ~?」と…
彼は、自分の酒の弱さを良く知っているから…

実は今日、夕食後空が綺麗に見えたので散歩をしてきました。
公園には犬の散歩に来ていたお婆ちゃんが居たのですが…
飼い犬がチェーンを外した途端、言う事を聞かずに逃げ回って逃げ回って…
「こっち着なさい」
「そうそういい子ちゃんね」
「さぁ、帰りましょう」
当然、イタリア語で話しかけているのですが…
ワンコは言う事まったく聞かず…
「あ、俺の方が犬よりイタリア語理解出来てるかも…」と自信を持って帰ってきたばかりだったんですけど…ね。


今週土曜からまた、オランダ・ベルギー・フランス遠征に行ってきます。

地震

地震は現地時間6日午前3時30分(日本時間午前10時30分)過ぎに発生し、規模はマグニチュード6.3。イタリア中部の都市ラクイアを中心に大きな被害が出ている…(ロイターの記事より抜粋)

イタリアで大きな地震がありました。
我々もニュースで知った次第です。
日本に居る仲間からいろいろ連絡をもらいました。
ありがとうございます。
我々の住むPiacenzaは被害が出ていません。
ただし、被害者の数はまだ増えている様子。

イタリアで活動する私としても決して他人事ではありません。

2009/04/06

遠征終了…

家に着くまでは、遠征という事で…
無事、戻り…
遠征を終了しました。

今回のベルギー遠征は、非常に仕事としてもプライベートとしても充実したものとなりました。

かつて過ごしたベルギーの街に11年ぶりにまた戻る事なんて、日本で働いていた数年前まで思ってもいなかったです。
と言いながらも(心の深いところにまだ未練はあったのですが…)

遠征前半は、非常に厳しいレース環境、後半は素晴らしい天気の中でのレース…
どちらもベルギーなんですよね。

2週間の仕事でしたが、初めて一緒に仕事をするスタッフ、選手もいましたがこの遠征でまた少し関係を築けたと思います。
スタッフとしての仕事も流れをつかめて来ました。
連日のレースの準備では、「昨日と同じパターンで…」など仕事の流れがあるのです。
スタッフ間の連携が取れていれば、お互い仕事をこなし、手が空いたら手伝う…
基本のパターンですね。
どんな仕事でも複数の人間でひとつの仕事行なうのであれば、当たり前の事でしょう。

毎晩夕食を終えた後は、スタッフ間でゆっくりと話をすることができます…
これがまたとても貴重な時間です。
まだまだ不安の多い私にいろいろアドバイス、相談にのってくれる仲間がいるという事をとても実感しました。
マッサーとしての十分な経験を持つスタッフと一緒に仕事が出来るのは、ホントに幸せです。
まだまだ、必死に追いかけているだけかもしれませんが…
参考になる事ばかりです。
スタッフ間の歯車を狂わす事だけはしないように…
それだけ考えて過ごしてました。
帰りの車に…
お土産…
「マサ!お前も持って帰るか??」
「ノォー!!日本にはこんなに重たいもの運べないよ…」
「そりゃそうだな…」
他にも皆、ビールとチョコレート買ってたなぁ~。
少し休んでまた1週間の遠征予定です。

2009/04/05

南下中…

レースも終わり、イタリアに戻ります…
今日はオランダ、ベルギーの国境近くでのレースのため、コースは2つの国をまたぎます
いやいや驚いた事にこの遠征我々の全てのレースを見て周り、毎レース顔を見せては、「ボトルちょーだい!!」と…言う青年が居ましたよ
降参しました…

現在、ルクセンブルク方面に南下中…
今晩も途中で、一泊…予定です

2009/04/04

移動日…

現在、ベルギーの端っこLiegeに来ています。
早朝に西の端Nieuwpoortから、東に向かい…
約250㌔の移動…
車でなら一日で行って帰ってこれる国…
昼前にはホテルに到着し、明日の準備を済ませマッサージを行ないました。

今回の遠征、2週間にわたり3人の選手を担当しましたが、途中で故障が出たり、調子が後半になって上がってきたりと選手の身体を毎日触る事でいろいろな事が見えた遠征となりました。

脚に故障を持つ選手にとって、寒さとの戦い、石畳、激坂との戦いであるベルギーのレースは、とても激しい消耗をみせます。


メキシコに続き、2週間の長い遠征において、選手、スタッフとも関係を築けたのも重要です。
些細なミスはありましたが、スタッフ間の連携で対処、対応し乗り切りました。

先程、夕食を済ませましたがスタッフ6人でちょっと外をぶらつこうとなり…
メカのTOSELLOが「あっピザ屋がある…」
という事で、食後にピザ屋へ…
そこで皆で写真を撮りましたが…












イタリアの仲間には100㌫の確立で後ろで何かされる…
皆、いたずら顔してます…
まぁ、こんな感じで楽しくビザを腹の中に…
今回のマッサーは、DEI CAS 、QUERO、MASA
メカニコは、TOSELLO、ANDREOLA、GAMBAROのスタッフ6人編成でした。
昨日もベルギービール飲まされて、今日も少し飲まされた…

この数日間、素晴らしい晴れた空でしたが、ピザ屋に入った途端に雨が降り始めました…
忘れちゃいけない…
ここは、ベルギーでした。

2009/04/02

2日目終了

今日も綺麗な空の下でのレースでした。
但し、風が強かったな…

今日も懐かしい人に会いました。
11年前のチームトニステイナコルナゴの監督との再会です。現ラウドバングクレジットの監督…
私から挨拶したら、一瞬間が空きましたが「おぉ〜!元気か?」ってな感じで…スタートの駐車場も隣、補給も隣…
何だか不思議な感覚…
またこのベルギーで再会出来たのが嬉しいです

明日は100キロのサーキットレース後、個人タイムトライアルで終了です

2009/04/01

KB-Driedaagse De Penne-Koksijide  1日目

KB-Driedaagse De Penne-Koksijide
3日間のステージレース。
この数日は、素晴らしい天気の中過ごしております。
今日のスタート地点も晴れ渡り、気持ちが良いです。
補給でもこの遠征で始めて、サケットの中に温かい紅茶を入れませんでした。
自分は、ベルギーの街並みや家々のチョコンと建っている姿が好きです。
こんな家に住めたら良いなぁ~。とか思いながら補給地点に向かう間考えてました。
ベルギーって、良く考えたら高速料金かかりません。


今日のレースも、沢山の観客が道に並んでます。
さすが、きついポイントで見てる人多いんですよね。

video

明日、ホテルを出発し居心地のいいこのホテルともお別れ…
どうやら、中野マッサーも永井メカも滞在したことがあるらしく、本当に自転車チームにとって、動きやすいホテルでした。
食事も美味しいし…
また、ベルギー遠征の際にはここに来たいなぁ~。

そういえば、ブイグテレコムの監督をしている元NIPPOのフィリップと補給地点ですれ違いの時に挨拶しました。
彼が現役時代、NIPPOの助監督をしていた頃からのマッサーとして関わってました…
「チャオ~!フィリップ!」と呼ぶと、「元気ですかぁ~!」と日本語で返事してきて、最後に「頑張ってくださぁ~い」だって…
新城選手の事聞いたら、「ブラボー!!」と…
彼は、フランス人ですが英語もイタリア語も話せます…